2020年10月5日月曜日

【TORCH Vol.123】 本を読むとは

教授 櫻井雅浩 


本を読むとは、ある人々の過去即ち歴史を知ることです。自分が経験できない他人の経験を学ぶと言っていいでしょう。山本夏彦(1915~2002)は「本を読むことは、既に死んだ人と話をすること。」と書き残しています。読書の醍醐味と言っていいでしょう。

今回紹介する本は、鈴木貫太郎著(昔の総理大臣と同姓同名ですね)「中学の知識でオイラーの公式がわかる」です。e iπ+1=0 見たことありますか?理系数学でもほんの少し触れるだけで、詳しい説明は聞いたことがありません。ただあまりにも有名な式なのでずっと気になっていました。eはネイピア数、iは√-1虚数単位、πは円周率ですね。これを中学の知識出来る?と思うでしょう。著者の経歴が変わっています。「中学の知識でオイラーの公式がわかる」によると1966年2月生まれ。県立浦和高校に進学。勉強は高校受験で燃え尽きて高校時代は完全落ちこぼれ。数学は0点連発、成績は学年ビリ(456位/456人)。2浪して早稲田大学入学(社会科学部)。在学中に始めた塾講師(算数・数学)のアルバイトから正社員になり大学は中退。講師時代は過去問を徹底研究。次男が生まれたのを機に専業主夫。2017年からYouTube投稿を始める。所謂コテコテの文系だったのにアルバイトのために数学を勉強してそれを予備校で教える。人の運命は分からない、を地で行く感じです。そしてこの鈴木貫太郎先生のYouTubeが面白い。最初の定義から正しく「中学の知識」で解説してくれます。受験理系数学から離れて約40年、遠い彼方にあったオイラーの公式が理解できるようになりました。有名人のYouTubeチャンネルは沢山ありますが大体は書籍を動画で解説したもので、動画が書籍化された稀な例でしょう。新しい情報発信の一例となると思います。


2020年10月2日金曜日

【TORCH Vol.122】 スポーツ小説がもたらす力

教授 佐藤修


堂場瞬一の「チーム」を選ばせて頂きました。実は「スポーツ文化論」の授業で10月9日分を担当していまして、この日のテーマが「スポーツと文学」なのですが、広い意味でスポーツ小説を取り上げようと思い、真っ先に浮かんだのがこの小説です。

 10年ほど前、私は東北放送でアナウンサー職にあり、ラジオ番組を担当していました。番組内に「おさむのプチ読書」というコーナーを作り、1週間に読んだ本を紹介していましたが、その時会社の先輩が進めてくれたのがこの「チーム」だったのです。

 箱根駅伝で、前年大会でシード権を逃した大学による予選会が、本大会の2か月前に開かれる。予選会を通過できるのは10チーム。不運にも出場を逃した大学の中から、予選会で上位の記録を残した選手により編成される学連選抜が、箱根を走るまでの物語。

 いわば寄せ集めのメンバーがチームになるまでの学生たちの苦闘と本番での個々人の葛藤や思いが描かれています。ストーリーにはお決まりの、チームになじめない地雷のような選手が登場します。しかし記録は群を抜いてトップ。メンバーから外すわけは行かない。だが入れればチームの和は乱れる。キャプテンを任された浦選手が悩み考えます。そこで浦選手はこの選手にある言葉をかけます。

 その一言は私の胸に深く刻まれていました。何かにつけて思い出しては、チャンスがあれば放送で言ってみたい。そんな衝動に駆られていました。

 それから程なくして東日本大震災が発生します。3月11日のことです。4月からスポーツ部長に着任する予定だった私は、前倒しで予定していたスポーツ中継をどうするか、さらには他から押し寄せる復興支援イベントや慈善試合などの調整に追われました。そして4月2日、楽天イーグルスの慈善試合が本拠地球場で開催されました。その時、嶋基宏選手が送った言葉が多くの野球ファンを勇気づけました。

「見せましょう、野球の底力を」

 その言葉を球場で聞いていた私の心にも深く届きました。下を向いている場合じゃない。

そして実はその前に語った、あるフレーズに私は釘付けになっていたのです。そのフレーズこそが「チーム」の中で浦キャプテンがその選手に語り掛けた言葉だったのです。そのフレーズはスポーツシーンのあらゆる場面で語られている言葉なのかもしれません。もしかしたら嶋捕手がこの小説に接していて無意識に湧いてきたのかもしれません。

 実況中継に明け暮れていたころ、自分が発する言葉にもっと魂やエネルギーを吹き込みたいとスポーツ小説やノンフィクションを多く読みました。視野が狭くなる取材や放送にあって、ふっと頭に浮かんでくる作品のワンフレーズが選手へのインタビューや中継の時に、行き詰まった自分をたびたび救ってくれました。スポーツ選手だけではない、スポーツを外から応援している人も多くの言葉を持っています。それは未経験だからそこ到達できない世界への強いあこがれが、選手の心を揺り動かすのかもしれません。スポーツ小説にはそんな力があることを学生に伝えたいと感じています。